山陰の果てまで行ってQー アオリを求めて

暑い。
なんでこんなに暑いんですかねー。5月ってこんなんでしたっけ??
32℃って・・・もう完全に夏ですやん。。。

って事で海水温が急上昇してアオリイカシーズンが終わってしまう前に
山陰地方をかけずり回ってきたあっつんです。。。

5月29日 中潮 干潮5:38 満潮12:03

今回の目的は新規アオリイカポイント調査。
つっても特にあてがあるわけでもなく出発前にグーグルアースと睨めっこ。

とりあえず各漁港はシーズン終盤って事もありイカもスレてしまっているだろうと地磯をツアーを選択。。
磯靴やらウェットスーツやら入念に準備をして真夜中に出発。

しばらく眠たい眼をこすりながら運転してると天敵バンビ(シカ)登場。。
ちょっとかわいかったので車を止めバンビに近づいてみると逃げない。
しかも「シューシューブロロロロロロロッリ・・・」
と聞いたことない声で話しかけてくる。

最後の「リ」って何なんだ。威嚇なのか??
人間様をなめやがって。モフモフしてやる!!
なので私も負けず更に距離を詰めていくと
違う方向から
「ガサッツ!」
「!!!!!!!!!!!!!!っつっっっっ!!」
慌てて回りを見渡すと
多数のシカシカシカシカシカシカシカシカシカシカシカシカシカシカΣ(゚□゚


無限ともとれる数の
シカVSー缶コーヒー片手の馬鹿
無論敵うわけもなく急いで車にダッシュ!!涙目になりながらソッコーで逃げました。
恐るべし山陰。皆様も山陰のシカたちにはお気をつけて。。

そんなこんなで朝日とともに角島近辺の地磯に到着。
外に出てみると結構な風っす。あで。。こんなに風があるとエギできねーじゃん。。

こんなこともあろうかと車に積んであったヒラスズキタックルを取り出し急遽ヒラスズキ&青物狙いにチェンジ。
今日の晩ご飯は舟盛りばい!!!と磯に向かって第一投!!

第2投!!あれサラシうすくね??

第3投!アレ?鳥いなくね?

第4投!!アレ?おれ口臭くね??

だいごとーう。アレ?

だい・・・・・DAI・・・・・・







朝10時。









皆無。
風はあるのにサラシも皆無。
ナブラも皆無。
鳥も皆無。トリプル皆無。


皆無だったが磯はやはり気持ちいい。心洗われるようだ。
とか負け惜しみを言いつつ
磯を帰るあっつん・・・
「つるっっっっっっっっっん!!ファッツ!?ゴッチン!!!」


!!!???一瞬何がおこったかわからなかったが滑って転んでさあ大変。
なんとか本能でロッドリールを守ろうと肘からこけたおかげで肘が
パックリセンターオブジアース。

一番危ない水辺ゾーンを抜けたからと磯靴だからと安心しすぎた。磯こわし。。

昨日からシカといい磯といい怖い思いしかしてないので完全に心が折れ一旦仮眠。

起きると風がやんでエギ投げれそうな雰囲気。俄然やる気がでて帰りがてら磯を回ってみることに。
何カ所か回った後シャローエリアだが
外海に面しててイカの産卵場になりそうな所を発見!!

時間的にもお昼の満潮を迎え潮がまさに流れてるであろう時間。
早速準備をして入磯。

数投、重りだけを付けて大体の地形を把握した(結構沖にブレイクを発見)後3.5号のエギをつけ実釣。

今回はシーバス用のレバーブレーキリールを使い沖へエギを流していきます。
沖のブレイク(かけ上がり)を越えたところでレバーを戻し探っていくと・・・

パンッ!!!ギューン!!とエギを持っていかれヒット!!
すかさず追い合わせをするとスカッっっっっっっっっ。。。バラシ。

ぬあんんでだようー!!!ばっきゃろー!!
この瞬間の絶望感ときたらもう・・

おそらくエギを抱いた位置が悪かったのでしょう遠ざかる反応。
干潮に向かっての潮止まり付近。

4号エギに変えエギ本体のシルエットをでかくして
底付近を細かいシャクリでレンジをあげすぎないようシャクっていた所で待望のヒット!!

しばらくテンションをかけドラグのみで走らせ
しっかりエギを抱かせて追い合わせ!がっつり乗った!!

ファーストランこそ派手だったイカちゃん巻いてくるとそうでもない笑
でもでもでもでもゲットーー!!
25月29日アオリブログ 
これで帰れる。。。
5月29日アオリブログ 
総走行距離120キロでホゲはどーしても嫌でした笑

満足。2敗目??HPが残り3しかありません
あっつんは逃げ出したb

終了ーー。

今回は山陰山陰方面をランガンしてきましたがまだまだ開拓されてなさそうな地磯がいっぱいありました。またアオリが終わる前に調査できたらいいなーと思っております(゚д゚)


毎回毎回かろうじてホゲてはいないが、ほんとたまにでいいから爆釣したい。。。
スポンサーサイト

アオリイカ 山陰エギング シャロー大戦争

アオリイカ。 それはイカの女王とも呼ばれるイカの王様。

透き通った魚体は艶やかで美しく
まるでアイシャドウをしたかのような目は私を誘惑してくるかのよう・・・
あぁ。なんて綺麗なんだ。
お持ち帰りをして笑 台所の立つ姿は健気で(正確にいうと捌かれるため寝てる。)

僕と結婚してくださ






はい!

薄ら寒い前振りは置いといて、ついに常軌を逸した30代独身のあっつんです。
今回も山陰地方でしゃくってきました!


5月22日 中潮  干潮1:50 満潮8:08 天気:晴天 風1~2M

深夜4時頃に現地に到着。
風もなく穏やかな漁港。上を見上げると天の川まで見えるほどの晴天。
ここ最近いくら暑いといっても夜はまだまだ冷えます。
水温を測ってみると22℃。少し水温が高くなってどうかな?

私の中で水温は18~20℃位が春イカは一番活性が高い気がします。
20℃を越えてくると一気に産卵へ意識が向きあまり餌を追わなくなるような気が。

夜明けまであと30分程度
軽く握り飯とレッドブルを流し込み(気持ち悪くなったW)まったりと準備そしてうっすらと明かりが差してきたところで開始!

とはいえまだ暗いので最初はシルエットがはっきりわかる黒色の餌木をベースに
中層付近を探っていきますが反応なし。

完全に夜が明けて餌木を私の中でここ山陰地方の様な透明感のある海に強い
紫下地の餌木にチェンジ。
イカに飽きさせない様色々なしゃくりで探っていきますがまだ反応はなし。

明るくなった堤防を見渡してみると釣り人が結構数いるのに誰一人上げてる様子もない。。。

ん~~?間違ったかなぁぁ~~ぁぁ??(アミバ風)
と小声で呟きカラーローテーションをしていくが

ほんとうに 無。
ここで一旦脳内で今日の情報をまとめてみる。

水温が少し高い。(産卵を意識してる個体が多いはず。。)

もうすぐ満潮。(いかがかなり浅場まできてるはず)

おそらく産卵を意識してシャロー(浅場)にある藻場付近に固まってるのではなかろうか??
ということで近くのシャローエリア(水深2m)に移動。

ここでイカと決着をつけると心に決め投げるもなかなか藻が邪魔してやりずらい。
ので、シャロータイプの餌木をつけるのはもちろんシャクリ後に竿先を上げ
スーパースローにフォールさせていくと

パンッ!!ぎゅぅぅぅぅうぅん!!
イカパンチからの本抱きでヒットぉー!!

浅場なので竿先を目一杯あげて慎重に寄せてゲットーーーー!!

fc2blog_20170523131841428.jpg 
少し小さめだがメスアオリゲットーキタ━(゚∀゚)━!
fc2blog_201705231319514ad.jpg 
絞めるとおどろくほどお美しい。。。やっぱ俺の女に
これでかなり気をよくしたというか体力的に限界が来たので終了。

早速、かえって捌いてイカ丼に♪
fc2blog_2017052313203090f.jpg 
(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー
いや、本当にこれだから釣りはやめられませぬ。。

皆様。イカは思ったよりシャローにいまっせ!!
ではではヾ(・∀・)ノ





釣り具を買うならナチュラム広告をクリック!! 

エギング道 始動 山陰

「小さな巨人」見てないけど、 進撃の巨人は読んでます・・・

大きな巨人。あっつんです。

ほい!今回は前回の予告道り 山陰にイカの王様 アオリイカ をエギングで狙いに行ってきました。


5月12日 山陰某所
大潮 満潮時刻 前日の21:55 干潮3:49 再満潮 9:44

晴れ 満月

エギングは全くの初心者なので
日をまたいだ頃から朝の満潮まで修行をしようと心に誓い自宅を出発。

道中、野生のシカをあと一歩の所でひきかけますが
シューマッハ張りのドライヴィングテクニックで回避。

冷や汗と奇跡的に避けれた安堵感で瞳孔フルMAX。
なんとも形容しがたい顔で現地に到着。 

綺麗な満月。照らされる水面。静寂の水面。幻想的な世界。
これだけで欲にまみれきった私の心と
先ほどの事件で若干漏れたパンティーを洗ってくれる様で釣りにきた甲斐があります。もう・・・釣れなくてもいいや。(´ω`人)
   




















んな 訳あるか!!釣るまで帰んねーかんな。

イカを釣る場所は墨跡を探せと言われてるので
防波堤を歩きながら見ていくと。

あちらこちら墨跡だらけ。
これは期待できるのでは!? 

しかしこの場所。
ナイトゲーム攻め場所基本の常夜灯が一切ない。
ドコニナゲレバイイカワカラナイ。

適当に墨跡がある場所に陣取り
月の明かりが良く当たるであろう場所に立ち。

第一投!夜は浮いてくるイカを狙い
中層付近を中心にレンジキープをしながらシャクっていきます。

ナイトゲームではラインが見えずイカの当たりが見えないのでフォール中は
ラインを人差し指に引っかけ人差し指に集中して当たりを待ちます。

2.3回シャクった次のフォールでグンッとラインを持ってかれます。
すかさず合わせを入れると
ウィーン!!! ウィーン!!!
ウィイイイイイイイイン!!!
と勢いよくドラグがなりますが・・・そのまま餌木を沖に持ってかれただけで。
外れてしまいます。

え?なにこれ?ばれたの?

まあけど反応はあったということでイカは確実にいる。
これは釣ったも同然!!
俄然やる気がでて再度キャストを続けます。続けます。続けます。続けます。続けます。つずけます。ツズケマス。ツズケ。。。。。。












馬鹿です!いや。シカとか言うワードはもう簡便。。いや朝です!!!
まじか。色々なしゃくり方を試すも完全にお手上げ。

心が折れる音がしますが無視して続けます。
今はいわゆるマズメ時!再度集中!!
まだうすら明るい程度なので着水後ベタ底ではなく
少し浮かせて藻のちょい上を少し激しく餌木を動かすイメージでさらに浮かせ
その後竿先をやや上げ気味でゆっくりフォールさせていくと
パンッ!!モゾモゾ・・・とあたりが!!
鬼合わせ!!
ウィィィィィィィィィッィイィィンンンっ!!! のったー!キェェェェィ━(´ェ`)━!!!
暫くはロッドコントロールとドラグで
イカを疲れさせたばれないように浮かせていきます。重っ。キロありそう。


盛大に墨を吐きながら浮いてきた個体は念願のアオリイカヽ(≧∀≦)ノ
身長にタモでランディング。
そして・・・
fc2blog_201705121730421b3.jpg
やったーーー!!!マンモスウレピー!!アドレナリン全開wヽ(≧∀≦)ノ

ソッコーでお持ち帰りする為いかをシメてサイズをはかると
fc2blog_2017051217303715d.jpg 
胴長30センチ 重さ1.03!ギリキロアップ!

うむ。満足。

その後しばらく粘ろうとするも雨が振り出し若干風も。。。
なのであきらめ納竿。



うーん。坊主くらうよりマシだけど毎度毎度1ゲット。
いまいち波に乗りきれない感が・・・漂う小物臭が・・・

釣り具のお買い忘れはありませんか??釣り具アウトドアのことならナチュラムへ!!
↓↓

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ロッド
!-- Rakuten Widget FROM HERE -->
リール
ルアー・フライ
ライン
ウェア
フィッシングバック